空気銃でイノシシの止めさしについて

HOME フォーラム 空気銃 空気銃でイノシシの止めさしについて

空気銃でイノシシの止めさしについて

タグ: 

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後にaquagreenにより11ヶ月前に更新されました。
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #10894
    aquagreen
    キーマスター

    お客様はよく聞かれることは「空気銃でイノシシの止めさしの為には、どの口径を使えばいいですか?スプリング式?プリチャージ式?」又は「最適な口径は?」

    フォーラムでこの質問にお答えします。

    イノシシの止めさしに対して、スプリング式空気銃又はプリチャージ式空気銃を使用されております。止めさしだけに銃が必要な場合は、スプリング式が最も安価なオプションです。当社のハッサンカーニバルは、イノシシの頭蓋骨を5メートルほどで殺傷するほどのパワーがあるため、この用途で非常に人気があります。口径は5.5から7.62mmまでさまざまに使用されています。

    空気銃を狩猟にも使用したい場合、スプリング式はできることがはるかに限られています。7.62mmスプリング式空気銃の場合、30メートルを超えるとペレットのドロップがかなり大きくなります。 精度、範囲、パワーを向上させたい場合は、プリチャージ式を選択することをお勧めします。鳥や小さな獲物の狩猟には、5.5から6.35mmまでの口径が最適です。罠で捕まえられたイノシシを撃つには、小さい5.5mmでも十分なパワーがあります。あくあぐりーんで販売している空気銃は、パワーと性能の高さから選ばれています。

    7.62mmのプリチャージ式は、鳥や小動物を狩るには大きすぎる為、お勧めしません。

    質問がある場合は、下にコメントをしてください。喜んでお答えします。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。